賃貸から賃貸への遠距離引越しで鉄道を利用

賃貸物件への遠距離引越し

賃貸物件から遠方への賃貸物件へ引越すのはなにかと面倒です。荷物の移動と自分たちの移動をどう合わせるかが、問題となるからです。引越し荷物搬出後は、明け渡し前の掃除もありますし、原状回復費用査定の立ち合いもあります。家族がいる場合は、手分けすることもできます。引越し荷物搬出前に誰かを新居へ向かわせ、荷物の搬入ができる状態にしておけばOKです。でも単身者の場合はもちろんですが、家族がいてもそれができないことってあるでしょう。

鉄道のコンテナ輸送で引越し

遠距離引越しの場合は、料金面だけとっても、ドアツードアのトラック輸送よりも、途中から鉄道輸送したほうがお得です。個人が鉄道のコンテナなんて、とちゅうちょすることもあるかもしれませんが、簡単です。個人手配も可能のようですが、そう頻繁に使うものでもないので、引越し会社のプランを利用すると楽です。引越し会社が駅まで引越し荷物の入ったコンテナをトラック輸送し、鉄道でコンテナを降ろし、目的地にコンテナが着くと、それをトラックで新居へ運んでくれます。

無料でコンテナを保管

鉄道コンテナを利用すると、目的地の駅で数日程度なら、無料で荷物を保管してくれます。これはありがたいですね。気持ちに余裕が持てるので、引越し荷物を搬出した後のさまざまな用事を済ませてから、ゆっくり出発できます。自分たちが新居の賃貸物件に着ける頃に、荷物を搬入してもらうよう頼んでおけばいいのです。コンテナはトラックの荷台に積んであり、その中に荷物を搬出するだけなので、利用者にとっては普通のトラック輸送となんら変わりはありません。

賃貸では、契約を解除することで他の物件へ気軽に引っ越せるため、ライフスタイルに応じた住み替えも可能となります。