高層マンションに住みたい!高さごとのメリットとは?

高層マンションで最上階近くに住むメリット

賃貸マンション選びをしていて高層マンションに住みたいと考えたら魅力を感じやすいのが最上階近くに住むことです。周囲の障害物がないため、見晴らしが良いのが最大のメリットでしょう。風通しが良く、ベランダが日陰になるリスクも低くて良好な室内環境を手に入れられる可能性が高いのが高層階に住むメリットです。セキュリティー面でも外部からの侵入がしづらいので、子供に留守番をさせることが多くても安心して住生活を営めるでしょう。

高層マンションの一階に住むメリット

高層マンションを選びながらも、あえて一階を借りるという選択肢もあります。同じマンションで考えると高層階に比べて一階は家賃が安いのがメリットです。あえて高層マンションを選ぶメリットは、多くの住人が住むことを考慮してセキュリティー面が充実している場合が多い点にあります。小さなマンションに比べて設備が充実していて、外部からの侵入リスクが低減されているでしょう。セキュリティーが充実しながらも、エレベーターや階段を利用せずに部屋に入れる場所にあるのもメリットです。

中間的な階層に住むメリットとは

高層マンションの場合には大半がその最上階とも一階とも異なる中間的な階層になります。こういった位置の部屋を借りるメリットはバランスの良さです。ある程度の上層階であればセキュリティー面も良く、周辺環境の影響も受けづらくなります。一方で、最上階近くほどはエントランスから遠くないため、郵便受けに新聞を取りに行くという程度の行き来のストレスも少ないでしょう。高層階に比べると家賃も安めになっていることが多く、バランスが上手くとれているのです。

札幌市北区の賃貸マンションは、防犯カメラやダブルオートロック機能、テレビモニター付きのインターホンなど様々な防犯セキュリティがあります。