持ち家より賃貸のほうが好まれるようになった理由

修理修繕費がいらない

家賃はお金を捨てているようなもの、ローンで家を買えば財産として残る、ってうたい文句をよく見かけますが、買って終わりじゃないですよね。修理修繕はずっと必要です。固定資産税もかかります。家の修理修繕って高額で、急に必要になったりもするから、万全を期すならあらかじめ積み立てておかなきゃなりません。地震に備えて保険にも入らないといけません。毎月の家賃よりは低い額でしょうが、買う時にたくさん支払う必要があります。

土地神話があってこその持ち家

持ち家が古くなって誰も住まなくなっても、土地神話が通用していた時代なら、建物とは関係なく売ることができました。でも、土地価格は暴落し、回復のきざしもあまりありません。売りたくても売れなくなったら、固定資産税だけかかって、負の資産になってしまいます。それでも住み続けられるならいいですよ。家を買う時は、そこまで考えてから買った方がいいでしょうね。よほどいい立地なら別ですが、やがて売れる土地かどうかというのは見ておいたほうがいいです。

賃貸なら引越せば終わり

賃貸住まいなら、その点気が楽ですね。近隣トラブルなんかがあった場合も、引越すという選択肢が用意されています。持ち家でも引越せないわけではないでしょうが、相当困難だし、被害感情も生半可なことではないでしょう。なにより賃貸は、住まいの修理修繕という高額な出費を伴う状況と無縁でいられます。給湯設備交換とか、屋根や外壁修理とか、相当高額ですよ。放ってもおけないから、持ち家だから住居費がかからないってわけじゃないんです。

住環境の良い物件を選ぶなら札幌の賃貸マンションの設備や交通アクセス、契約更新の方法などを事前に把握することが大事です。